2013年05月11日

庵野秀明が

ジブリの新作「風立ちぬ」で主役の声優だと…
http://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-16170.html#more

どんだけジブリは声優嫌いなんだよ(゚ω゚)

まあこれはこれである意味話題になるし、
確かに聞いてみたいけd
posted by 一介のチョコボ掘り士 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

悪の華第2話

少し話が進行してきたので、
緊張感でゾクゾクしてきた(゚ω゚)
http://otanews.livedoor.biz/archives/51941341.html

絵も慣れたせいか、
不細工にみえた仲村さんもかわいく見える瞬間があるという(゚ω゚)

まあお話としては、
まだまだ正直よくある思春期変態話な感じだが、
このロトスコープという手法+コマ落ちのようなもっさりとしたアニメの動きが、
この空気感を上手く表している。

そして前回と同じくEDの不安感のすごさ。
今回はEDの入りのタイミングもかなり良くて、
不安感マックスハート(゚ω゚)

何にせよ次回も楽しみだが、
次回はもっと見知らぬ変態ワールドに連れて行ってほしいものd
ラベル:悪の華
posted by 一介のチョコボ掘り士 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

「宇宙戦艦ヤマト2199」

の第一話を見たが、
CGががっかり砲過ぎた感じだな〜(´ω`)
http://otanews.livedoor.biz/archives/51940475.html

造形自体は良いんだが、
移動のスピードが速すぎるし、
まったく重量感がない。
本当に軽すぎる動きばかりなので、
艦隊戦の表現がチープ過ぎる。

基本的にヤマト世代ではないので、
キャラとか他の改変部分は改悪とは思わないし、
普通に受け入れられたけど、
あの艦隊CGの動きは駄目でしょう(´ω`)

後はEDの大合唱ヤマトもなんかヽ(・ω・)/ズコーって感じ。
なんか色々有名人達が歌っているぽいが、
これも合唱することによってものすごく軽い。
ストーリーとして、
絶望シチュエーションの地球の救世主になるべくヤマトの使命感とか、
悲壮感とかそういうものが全く薄れてしまっている。
このEDじゃ後味が悪いと思う。
ストーリー自体は悪くないのにこれまたがっかり砲。


というわけでおいらにとって「宇宙戦艦ヤマト2199」は、
今のところはマイナス点が多く見られる作品だった(´ω`)
まあまだもうちょっと視聴するつもりだけd
posted by 一介のチョコボ掘り士 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

アニメ版「進撃の巨人」

もかなり良くできている作品だな(`・ω・´)
http://otanews.livedoor.biz/archives/51940518.html

原作1巻での絶望感が、
音楽や映像でさらに効果が上がっている。
立体機動の戦闘シーンも良くできているし、
とてもかっこいい。

そして原作の弱点である、
絵があまり上手くないところが、
アニメではしっかりとした絵になっていて、
キャラがある程度立っているし、
さらにあの絵が下手だからこそ不気味だった巨人は、
その不気味さはしっかり表されているという素晴らしさ。

このクォリティーで2クール行くなら相当期待もてるなあ。

原作2巻くらいまでは掛け値なしに面白い作品なんだよな。
最近出た10巻はなんかもうちょっとカオスというか、
支離滅裂になっているような気もするけd

まあどこでいったん締めるのかわからないけど、
とりあえず今後も期待して見ていよう(`・ω・´)
posted by 一介のチョコボ掘り士 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

アニメ版「悪の華」

が非常に気持ち悪くて( ・∀・)イイ!!
http://otanews.livedoor.biz/archives/51940398.html

まったくもって原作絵とはかけ離れた、
実写を元にして作ったロトスコープという手法らしいが、
完全にそれが功を奏して異常なな空間を出すことに成功している。

しかもエンディングの曲が本当に気持ち悪い。
このアニメのために作られたものではなく、
元々あった曲だっていうのも恐ろしい。


この異様な不安感を増幅させるこのエンディングは完全にホラーの域(゚ω゚)

まあそもそもアニメじゃなくて実写でやっても全然おかしくない作品だが、
ロトスコープにしているからこその異様さも重要だし、
全方位に挑戦している感があるし、
野暮なことはいわないでおこう。

というわけでものすごく良い意味で、
気持ち悪い最悪な第一話で最高だったので、
今後も注目して見たいと思う(゚ω゚)b
ラベル:「悪の華」
posted by 一介のチョコボ掘り士 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

ガールズ&パンツァー最終回

いやー本当に、本当に面白かった!
前回もそうだったがあっという間の30分だった!
ここ数年で1,2を争う素晴らしいアニメ作品だった!
http://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-15294.html
http://otanews.livedoor.biz/archives/51936574.html


戦闘シーンもばりばり動いていたし、
戦車の主観の撃ち合いのシーンとか最高だった!
今までアニメでは人件費削減のためにCG使い回しで車両動かしてたりしてたんだが、
こういう細かい振動や挙動まで表すことができるくらいちゃんと動くCGなら大歓迎!
こんだけ絵を動かすならそりゃ制作時間も足らないわなあ。


さらにエンディングまでのストーリー展開もまさに王道というべき流れで、
山あり谷あり泣きあり笑いあり、友情熱血根性団結勝利でしっかりお話を締められた。
しかも伏線というかきちんと過去回を拾っていたし、
モブキャラ丸山ちゃんがついに喋るとか細かい演出もしてて素晴らしい!


いや〜本当に終わってしまうのが残念な作品だったなあ。
劇中の台詞で何となく2期もありそうな雰囲気だったので、
是非2期もやってほしい!

とはいえここまでしっかり1つの作品として終われたなら、
ここで終わってもらったほうが作品としては良いような気もするけど(・ω・)
posted by 一介のチョコボ掘り士 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

ガールズ&パンツァー11話

風が強くてMXの電波が悪く画面はざらざらではあったが、
一応視聴(゚ω゚)
http://otanews.livedoor.biz/archives/51935588.html

いやー面白かった!

30分があっという間に感じた。
EDの「Enter Enter MISSION!」が流れたときは、
ちょっとぐっと来たくらい。

約3ヶ月待ったが、
これだけの戦闘シーンクォリティーで、
さらにこれだけの山あり谷ありのストーリーなら遅れるのも仕方ないと言うべきか.。
戦力の差を戦術で埋める西住殿マジ軍神。

これなら最終話も期待できるな〜
もう最終話出来上がったみたいだし、
最終話も良い出来に仕上がっていることを本当に期待している!

まあ映像がざらざらなのはMXからのアンテナ調整が20日に来る予定なのでそれ待ちor
どうしてもダメなら29日にBS11で11,12話一挙放送があるらしいのでそれ待ち(゚ω゚)
posted by 一介のチョコボ掘り士 at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

「戦勇。」が

面白いな(`・ω・´)
http://blog.livedoor.jp/qmanews/archives/52015168.html


5分アニメということもあり、
非常にテンポがいい。
ギャグの掛け合いのテンポもいい。

さすがはヤマカンというべきか。
「フラクタル」は全く面白くなくて大いに叩かれたが、
ギャグ路線の方が得意な監督なのかのお。

今期は5分アニメが結構多いような気がするなあ。
今までの5分アニメはギャグ中心のショートショートが多かったが、
「ヤマノススメ」とかも山登りアニメという新たなジャンルでなかなか良い感じだった。

あまり5分アニメは今まで見てなかったんだが、
今後はチェックすることにしよう(・ω・)
posted by 一介のチョコボ掘り士 at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

「琴浦さん」

の第一話が、
前半の鬱展開から後半の希望が広がる展開の演出がものすごく良かった!
http://otanews.livedoor.biz/archives/51926281.html

いや〜1話目としてはものすごくレベルが高い出来だったなあ。
まさに掴みはOK。
ニコ動でも再生数がどんどん伸びて、
もう50万再生以上になっている。



前半の鬱展開は、
これが四コマ原作とは思えない鬱っぷり。
まあ読心術ものには良くあるっちゃ良くある展開だったが、
不幸のたたみかけのテンポが良かった。

なのにOPはめっちゃ明るく、
後半は心を閉じた主人公の世界が、
馬鹿でエロな友人によって破壊され、
今後に希望が見えてくる展開もとても良かった。


逆に1話目がものすごく完成度高すぎて、
今後どうやって話を進めていくのか心配になるな(゚ω゚)

とりあえず序盤を見ただけではあるが、
不作が多そうな今期の中で「琴浦さん」は一番の出来だったので、
今後の展開が楽しみだ(`・ω・´)
posted by 一介のチョコボ掘り士 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

あまりにも溜まりすぎた去年の秋アニメを

年末年始とかに結構消化しつつある(・ω・)

といっても1,2話だけ見てすぐ消しっていうのも多いんだg

とりあえず萌えやエロやハーレムやそういう要素の奴はすぐ消し。
少女漫画で恋愛バリバリのやつやBLっぽいのも消し。
あとは3,4話みてもよくわからないSF要素のやつも消し。
ただ単に異能力バトルしてるやつやギャグバトルものも消し。

有名どころではエウレカAO、SAOは消した。

エウレカAOは前作のボーイミーツガールが良かったのに、
今作はそういう要素が一杯あったのに生かし切れず、
本編の話も一応まとまったようで後日談もないしあまり納得出来ない流れだった。

SAOは壁ドン展開はアスナだけならまだしも、
後半の妹設定とかエルフキャラもピンと来なかったというか邪魔だった。
お話自体は上手くまとまった方だとは思うんだがねえ。

というわけで残ったのは、
ガールズ&パンツァーと中二病でも恋がしたい!とジョジョとサイコパスとロボティクスノーツ。

特にガールズ&パンツァーは、
水島努監督作品としてじょしらくに続いて良い作品だった。
可愛い女の子と戦車という昔からある武器女子ジャンルの流れだけじゃなく、
しっかりした青春部活物としてわかりやすく、
なおかつ戦車の描写がマニアックなところもわかりやすく表現されていて面白い。
まあ最終回が間に合わなかったというのはアレだが(´ω`)


結局アニメも実写映画や小説と同じく、
原作者や脚本家や監督や製作会社とかそういうところが重要になってきてるなあ。
名前だけで選びたくないけど、
結果としてそういうところが質が高い作品を作り出している。

まあもちろん自分の好みに合わないだけで、
実はそのジャンルが好きな人には質が高いとう作品もあるんだろう。
とはいえさすがにアニメの数が多すぎるような気がするので、
粗製濫造じゃなくもう少し質を重視するような方向で行って欲しいと思う(・ω・)
posted by 一介のチョコボ掘り士 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。